ほんわか妊娠図

妊娠の脈。

右手の脈が強ければ女の子、左手の脈が強ければ男の子ということが分かります。

これは、右が陰(女)で左が陽(男)という考えからです。

それに加えて、もうすぐ妊娠しそうな人も脈からなんとなく分かります。

そんな人は、身体の冷えも改善してきています。

もし、身体の冷えを感じているようであれば、鍼灸を勧めますが、睡眠と食事も大事です。

 

睡眠をしっかり取ることで、普段の基礎体温の上昇、さらに夜10時~2時の睡眠は身体(妊娠)に必要なホルモンが分泌されると言われています。

夜なかなか寝付けない人、眠りの浅い人は鍼灸をすると眠りの質が良くなります。

これは、交感神経と副交感神経の切り替えが良くなるからです。

 

次に、食事です。

ごはん・お味噌汁・野菜・肉・魚・水・お茶など、バランスのとれた食事が一番だと思います。

○○がいいと聞いてそれを毎日摂り続けていたら、身体がアレルギー反応を起こしてしまった方がおられました。

アレルギーが出た時は、まさか毎日摂っていた健康食品が原因だとは思わなかったようですが、それを止めると症状が治まったようでした。

 

バランスのよい食事を摂っていても、それらの栄養素が身体にちゃんと吸収されていない場合もあります。

これも鍼灸で改善していくことができます。

 

睡眠や食事、鍼灸というほんわかしたことしか書けないけれど、これは妊娠は完成図のないジグソーパズルを完成させるようなものだからかもしれません。

けれども、睡眠と身体、食事と身体、それらをちゃんとつなげてくれるのが鍼灸で、それはあなたの妊娠ジグソーパズルを完成させるためにはとても大切なピースになることだってあります。

 

ほんわかしたまとめ。

よく噛んで食べ、よく寝て、よく笑って(笑いも大切!)+鍼灸=妊娠!

あなたの妊娠図にも、こんな風にシンプルな考え方を取り入れてもいいんじゃないかな。

 

ー子宝に恵まれたい!と来られた患者さんー

鍼灸を週1回のペースで数カ月続けていたある日、鍼灸院に来られるや否やまるで妊娠したかのような喜びで、今までとは違って寒さや冷えを感じにくい身体になっていることを話してくださいました。

それから数カ月後に妊娠され、無事に男の子をご出産されました。

 

今日はこの患者さんのことを元にして書いてみました。