せんねん灸セルフケア講習会に参加

週末に、せんねん灸セルフケアサポーター講習会に参加してきました。(2015年2月)

 

せんねん灸を作っているセネファ株式会社さんいわく、最近はお灸女子という言葉も少しずつ浸透してきて、若い方にもお灸が身近なものになりつつあるようです。

 

昔は、お灸をすえると言えば、子供が悪さをした時に親が子にお仕置きをする意味合いで使われていましたが、今ではそんな使われ方はしていないように思いますし、お灸の種類も煙の出ないものやラベンダーの香りがするものなど増えて、お灸に対するイメージも良くなりつつあるようですが、お灸をする場所がよく分からないから躊躇しているという話も聞きます。

 

そんな方のために、分かりやすくお灸の使い方やツボの探し方を教えることができるようにと設けられたのがこの講習会です。

私も実際に参加してきていろいろと学んできました。

これからは、せんねん灸認定のセルフケアサポーターとして、お灸に興味がある方のいろんな不安や疑問にお答えしていきます。

お灸に興味がある方は、ご気軽にご相談ください。