こも池鍼灸院blogへようこそ

 

当院のBlogは、2019年3月から新しくなりました!

2014年から書き始めて約5年間で460記事を公開し、書いたものの公開する機会がなかったものを含めると500記事くらいになります。

 

これを本にすると1000ページくらいの量になり、かなり分厚い本が出来上がり、例えるならV6の岡田君が主演した映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の原作本と同じくらいの厚さです。

ちなみに『エヴェレスト 神々の山嶺』という本は、山に魅せられた人たちの非日常を描いたお話ですが、このBlogはこも池鍼灸院の日常を書いたものです。

 

鍼が身体に与える可能性は無限大です。

鍼と私の感性が合わされば、いったいどれくらい患者さんにいい影響を与えることができるのか!?

8000m級の山では、酸素ボンベが必要ですが、ささない鍼をツボに当てていたら酸素ボンベは…

やっぱり必要だと思います…

けれども、普段の生活において苦しい時や困難にぶつかっている時には、鍼をツボに当てることで、ひと山乗り越えることが出来ます。

 

しかし、鍼灸は酸素ボンベのように最終手段として取り入れられるケースがまだまだ多いように感じます。

もっと早くから積極的に取り入れてもらえると身体が良くなっていくスピードも違ってきます。

そのことを多くの人に知ってもらい、できるだけ早い段階から鍼灸を取り入れてもらえるように、このBlogを通してお伝えできればと思っています。

 

いろんなことを書いていきます(過去のBlogも整理して載せていきます)ので、

これからもたまにはこも池鍼灸院のBlog『もこもこ日記』へ足を運んでくださいね。

険しく見える山道も、少し歩きやすくなるはずです!!