骨盤のゆがみが不妊の原因になっているかも!? 当院の骨盤の歪みの治し方

骨盤の歪みが、不妊と関係していることがあります。

 

なぜなら、骨盤の歪みは血の流れが悪くなり、そのことで生理不順になってしまったり、子宮筋腫ができてしまったり、また子宮の位置がずれて子宮周りが固くなるなど、子宮環境が悪くなってしまうと考えられるからです。

妊娠を考えた時に骨盤を正しい状態に治すことはとても大切なことです。

それゆえ、整骨院などでは骨盤矯正をして不妊を解決!と掲げているところを目にする機会もあるかと思いますし、矯正というと力を加えて正しい状態にするという意味から、整骨院やカイロプラクティックで行うものと思われがちですが、骨盤を正しい状態にすることは骨盤に直接力を加えなくても、ささない鍼で出来てしまいます。

 

ここで誤解しないで欲しいのは、正しい状態というのは左右対称にすることではありません。 

1つ例を挙げると、骨盤の上方に背骨を挟んで左右に志室とツボがあります。

 

このツボは、身体の不調を診るのによく使うツボで、このツボの場所は左右対称になるよりも、右側のツボ(志室)の方が少し下にあることが多くあります。

これは身体の状態が悪いわけではなくて、右側には肝臓があるためその分少し下がるという見方をします。 

このようなに身体の構造的があり、左右で違うから安易に身体のバランスが崩れているとは言えないのです。 

 

注意しないといけないのは、左右のバランスを整えることは、左右対称にすることではありません。

骨盤を左右対称に矯正しなきゃとそこばかりに意識し過ぎると、身体全体のバランスをみた時に、どうもちぐはぐなんてことになりかねません。

これでは本末転倒になってしまいます。

 

木を見て森を見ずということわざがありますが、当院では、木をみて森をみて、今度は森をみて木をみるようにして、全体のバランスを常に意識して施術をしています。

どういうことかと言うと、脈やお腹を診て身体全体の状態を判断し証(症)を立て、今度はその証(症)が本当に正しいのかをツボの反応で確認するといった感じです。 それから、足や背中にささない針やお灸をしていきます。

このようにすれば、歪みはおのずと修正され妊娠しやすい状態へと変えていくことができます。

 

骨盤の一部分にこだわらないこと、左右対称にすることが正解ではないこと、これらを考えながらのささない鍼施術で、あなたも妊娠しやすい身体・健康な身体に整えてみてはどうですか。