湿気が多いこの時期におすすめのツボ

東洋医学では、身体が不調になる原因として六淫というのがあります。

六淫とは風・寒・湿・暑・燥・火の六つのことで、今のじめっとした梅雨時期は湿が身体に影響を与えることが

多くなります。

 

この湿は、体の脾というところと関係していて、湿が多くなると脾が弱っていきます。

脾が弱ると、それを補うために栄養補給しようと脳が働きだします。

脾は甘いものが好きなので、甘いものを食べたくなります。

しかし、困ったことに甘いものを食べだすと止まらくなったり、体を冷やしてしまうものが多くあります。

 

陽出るまで

控えられない

脾の欲望…

 

そうならないように、お灸で脾の働きを改善してみては!

太白というツボがおすすめです

 

梅雨のこの時期、蒸し蒸しじめじめの日が続き、身体が重い・だるいと感じている人にも太白へのお灸はおすすめですよ。

 

普段から甘いものに手が伸びる人は、慢性的に脾が弱っている可能性があります。またこのような人は、体が冷えていることが多いです。

ぜひ鍼灸で体質改善してくださいね!