季節は夏から秋へ。この時期の体調不良の原因は??

今朝は、すこしひんやりした気温とや清々しい空気で過ごしやすく感じましたが、ひとたびおひさまが顔を出すとさんさんと陽が照りつけて気温も急上昇していき、まだ夏のように感じますね…

けれども、蝉の鳴き声の変化や赤とんぼを見るともう秋なんだと感じます。

 

夏の陽気でいっぱいだった身体は、これから冬に向けて段々と陰の気が増えていきます。

見えないけれど変化していきます。

陽の気が強かったドンドンと打っていた脈も影を潜めて、陰の静かな脈へと変化していくことで感じることができます。

活動的だった身体が徐々にその力を弱めて、休息へ向かいます。

 

しかし、夏の暑さが過ぎ去った秋の気候は体を動かしやすい季節になり、ついつい行動的になってしまいます。

 

陽の活動的なエネルギーが少なくなった身体には負担がかかりやすくなっていて、それが原因で体調を崩してしまうことが考えられます。

活動しすぎに注意してくださいね!