妊娠率の差はどこにある!?

当院は、週1回以上のペースで4カ月以上1年未満通われた方の約7割の方が妊娠されています。

 

鍼灸師同士でたまに治療のやり方について話をしますが、その時に鍼灸師の友達が○○式の治療方法を取り入れて治療しているけれども、うまくいくこともあればそうでない時もあって、うまくいかない時の対処法がまだよく分からずに○○式の治療に限界を感じているとのことでした。

 

よくよく話を聞いてみると、××の症状には××のやり方で、△△の症状には△△のやり方をするようにと細かく分かれているようでした。それはとても分かりやすいやり方かもしれないけれど、患者さんの症状は一つだとは限らないし、むしろたくさんあることの方が多いのが実際のとこなので、そうなるとあれやこれやとてんてこもりになってしまって、そしてそれは糸が絡んでしまったようにやればやるほど収拾がつかなくなってしまいかねないように思います。

 

患者さんは色んな症状をたくさん話すけれど、根源的な身体の異常を見極めることがとても大切だと思うんです。

それに患者さんが訴える症状だけがすべてとを考えるのではなく、またありきたりな概念や枠に惑わされないことも必要だと思います。

 

同じ地球の上でも時間が変われば、住む生き物も違ったり生活スタイルも変化したり、全長20メートルもある動物がこの辺りを駆け回っていたなんてとても想像つかないけれど、山肌を掘ると数千年前のトリケラトプスやステゴサウルスの化石が出てくるとか、縄文時代の土器や住居跡が見つかるとか、そんな事実を目の当たりにすることがあるように、人の身体も少し深いところに本人も知らないことや忘れかけたものが静かに眠っているような気がします。

 

それを見つけ出して鍼をすれば身体は生き返ってきます。

当院では、このような治療方針で施術をしているので妊娠される方の割合がそれなりに多いのではないかと考えています。