妊娠力をつけるための食事法とは?

妊娠するためには、いっぱい炭水化物を摂って脂肪をつけた方が女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が多くなり、妊娠しやすくなると言われています。

なぜなら、エストロゲンというホルモンは体の脂肪に蓄えられるからです。

妊娠しやすい身体には、炭水化物は必須です!食事の際には、炭水化物を意識して摂ってみてくださいね。

しかし、過剰摂取はもちろん良くないですし、不規則な食生活も良くないです。

炭水化物を取り入れても、体脂肪は30%以下が理想です。

 

体脂肪が気になる方には、こんな方法もあります。

それは、断食!

 

身体をつくるのはタンパク質で、その材料はアミノ酸からできています。(アミノ酸は20種類ありますが、そのうちの8種類は必須アミノ酸と言われていて、これらは体内で作ることができないアミノ酸のことです)

細胞は劣化が進むと白血球(免疫の役割があります)などが食べてアミノ酸に分解していきますが、この働きは身体に栄養が届かない場合にも同じように活性化されます。つまり断食は意図的に細胞をアミノ酸に変えていこうとするもので、これによって身体が新しく生まれ変わると言われたりしています。

 

例として、長い間妊活をされていた方が病気を患い、その時にしばらく絶食を余儀なくされ、その後、病気の回復と子宝に恵まれたということがありました。(個人の体験談で、みんなが同じようになるとは限りません)

 

食べても妊娠・食べなくても妊娠、まずは出来そうなことから試してみてくださいね。

ちなみに、卵には必須アミノ酸が含まれていて、妊活におすすめの食材として挙げられています。

だから私はいつも100点と書いているのかもしれません。

 

これらに加えて鍼灸も取り入れていただけるとさらに妊娠力が上がりますよ!