問診の際に必ず聞くこと

患者さんの身体の状態を知る上で問診の際に必ず聞くことがいくつかあります。

その中の一つに睡眠に関してがあります。

 

何時頃に寝て、何時頃に起きるのかということに加えて、

・布団に入ったらすぐにすやすやと眠りにつけるのか?

・眠たいのに寝付けない?

・よく夢を見る?

・小さな物音で目が覚める?

・夜中に目が覚める?

・トイレに行きたくなって目が覚める?

・朝、なかなか起きられない?

などなど。

 

例えば、3~5時の間によく目が覚める人は、肺と関係しているので身体を良くするのに肺の経絡がポイントになるかもしれないと考えることができます。

経絡大腸
干支
時間23~1時1~3時3~5時5~7時7~9時9~11時11~13時

3~5時の間で目が覚めるけれど、その原因はトイレに行きたいからだと肺ではなくて膀胱(15~17時)なのでは思われるかもしれませんが、経絡と十二支(子午)の関係で考えると肺と膀胱は表裏関係でつながっていることから、膀胱が肺に影響を与えていると考えられます。

 

こんな方もおられると思います。

とても気になることがあって、心(気持ち)がそわそわして寝付けない。

経絡大腸
干支
時間23~1時1~3時3~5時5~7時7~9時9~11時11~13時

この場合も心は11~13時のお昼の時間ですが、心の表裏関係になる胆(23~1時)の影響を受けていると考えられます。

 

こんな感じで睡眠から身体の状態を判断して、身体が良くなるポイント(ツボ)を導き出したりしています。

 

夢を無意識からのメッセージであると説いたのはフロイトですが、当院では睡眠と十二支を使ってこんな感じで解いていきます。

 

ちなみに、朝の目覚めが悪い人や午前中は身体がしんどいと感じる人は脾胃が弱っているかもしれません。

そんな方は貧血傾向や生理がだらだらと続く傾向にあります。

また、慢性的に脾胃が弱っていると胃下垂や子宮下垂になったりしてしまいます。

 

心当たりがある方は、ご来院をお勧めします。

鍼灸で健康的な身体作りをしていきませんか!