不妊治療の目安は週1回

妊娠への道は、色んな選択肢があると思います。

その中の一つに鍼灸があります。

 

はりやお灸で身体を整えることで妊娠しやすい身体にしていくことができます。

◎月経期は、子宮内をきれいに掃除をすることで着床にむけた子宮環境を良くすることと、卵胞の育ちを促す大切な時期です。

◎卵胞期は、文字通り卵胞を成熟させる大切な時期です。

◎排卵期は、卵胞をしっかりと排卵させる力が必要な時です。この力がつくとピックアップ障害が改善されるのではないかと私は考えています。

◎黄体期は、妊娠を継続させるために必要な黄体ホルモンの分泌がしっかりとできるようにする時期です。

 

月経周期を細分化するとこのような感じになり、それぞれの期間に重要な役割があります。

そのため、週1回を目安にして考えていただくと、お身体の改善を効率的に図っていくことができます。

 

また、当院では妊娠された後も、流産のリスクが減ると言われている13週目くらいまで継続して施術を受けられる方が多くおられます。