不妊治療に鍼灸はただの気休め??

不妊クリニックに通いながら当院に通われている方がたくさんおられますが、奈良で有名な不妊クリニックの先生いわく、鍼灸は気休め程度でさして効果があるものではないと、そんな風に言われたことがあると耳にしたことがあります。

 

鍼灸を受けてみて、一回で身体の変化を感じる人もいれば、身体は変化しているのだけれどもそれを感じるまでには至っていない方もいるように思います。

そんな方は、もし不妊クリニックで妊娠率を上げる一つの手段として鍼灸があると言われたら、1回で変化を感じなくてもしばらくは続けてみようかという気持ちになりやすいだろうけれど、鍼灸なんてただの気休めと言われたら、やっぱりそんなものかとそこで止めてしまう方が多くなるような気がします。

 

けれども、実際はというと、不妊クリニックに通われていてなかなか授かることができなかった人も鍼灸をすると授かることがあります。

体外受精・顕微授精で移植を何度もしても着床しなかった人が鍼灸で血流を良くすることで内膜の状態が改善されて、着床に至る人もたくさんおられます。

鍼灸が不妊に効果があることを信じて通っていただいた結果だと思います。

 

不妊クリニックで鍼灸は気休めだからと言われて、そんなものかとそれっきりにしてしまうのはちょっともったいない気がしてならないです。