よもぎ蒸しで妊娠力をつける!

鹿児島県指宿市にある砂蒸しは湯治湯として有名です。

そこに行かれた方が、

「初めて砂蒸しをした時は熱さを感じなかったのでまったく汗をかかなかったけれど、6回目には熱さを感じることができてきて汗がじわっと出てくるようになった」と話されていました。

 

よもぎ蒸しでも同じような方がおられます。

最初は、まったく温かさを感じずほとんど汗が出てこない人も回数を重なると温かさが分かるようになってきて、だんだんと汗がでてくるようになります。

 

なぜ、汗が出にくい人がいるのか?

それは「気」や「血」を巡らす力が弱っているからですが、

その原因として「脾」「肝」の働きが低下していることが考えられます。

 

これを妊娠することを目的として考えた場合

 

「脾」「肝」の働きが低下すると

気・血の巡りの低下

子宮・卵巣に届く気・血が不足する

卵胞の育ち・卵子の質の低下

受精・着床しにくくなる

 

このように考えられます。

しかし、よもぎ蒸しを継続していると、「脾」「肝」の働きを助けて、気・血の巡りが良くなり汗が出てきます。

よもぎ蒸しは、卵胞の成長や卵子の質にも大切な気・血の巡りを促すことができます。

 

気・血の巡りが良くなる

子宮周辺の環境が良くなる

妊娠しやすい環境づくりにつながる

 

妊娠を希望されるか方はよもぎ蒸しで気・血の巡り良くして妊娠力をつけていきませんか!

 

こんな方もおれらます。

汗はすぐに出てくるけれど、その後は体が冷えてしまい温かさを持続できない方。

この場合は、固摂作用(体に溜めておく力)が不足していることが考えられます。

そのため、一度汗が外に出ていくとそれを止める力が弱いために必要以上に体の外に汗を排出してしまいます。

 

そんな方は、よもぎ蒸しと鍼灸で身体を良くして妊娠力を高めていくことをお勧めします。