ころころっと奏でるリズム

ゆらゆらゆらとゆっくりとそして滑らかに流れていく脈に、ころころっともう一つのリズムが加わるとそれは妊婦の脈になります。

 

そうなるための身体づくりにささない鍼による鍼灸治療は効果があります。

では、なぜ効果があるのか?

いろんな考え方があると思いますが、私は自然治癒力と気の動かし方が大切だと考えています。。

自然治癒力は、自分で治そうとする力のこと。

病気やケガをして手術をしても最終的には自分が持っている治そうとする力。

薬を飲んで症状を抑えても、最後はやっぱり自分の力。

 

最後の砦となる自然治癒力ですが、その原動力となるのが「気」だと考えています。

なので、気を巡らせればそれは自然治癒力を上げることにつながるはずです。

東洋医学では、人の体は「気の集合体」と言われていて、気=自然治癒力という考え方もできます。

 

気の集合体には、目に見える気と見えない気があります。

見える気には、血や骨、皮ふ。胃や肝臓、腎臓などやオーラ。これは見えない⁇

私はオーラは見えないけれど、脈やツボから身体のどの部分で気が滞っているのかや気が足りていないのかは分かります。

 

見えない気というのは意識です。

何かを見た時、耳にした時、触れた時など、その時の意識です。

同じものを見ても人によって違う意識(感じ方や印象)を受けるように、そこに見えない個性が存在します。

また、その意識を通して見える気に影響を与えます。

それゆえ、症状として出てきた見える気の部分だけで、身体を診ても根本的な解決にならないことが多くあります。

 

案外、見えない気に原因が隠されていることありますので、見える気と見えない気で自然治癒力を高めていくと目指します。

当院では、このような考え方で鍼灸治療をしているからかなのかどうかは分からないけれど、長い間妊娠に至らなかった人も妊娠されていきます。

 

あなたの脈も、ころころっと脈打つリズムに変えていきますよ!